ホーム > がん保険の選び方

がん保険の選び方

がん保険は、一般的に初めてがんと診断されたら「がん診断給付金」が、また、がんの治療を目的とした入院・手術をした際に、「入院給付金」「手術給付金」が受け取れる保険商品です。
医療保険が、病気やケガでの入院・手術を対象にしているのに対し、がん保険は、がんという病気に特化しているのが特徴です。
通常の病気に比べ、入院期間が長期化する、治療費が高額になるといったところから、医療保険にプラスしてご加入する方が多いようです。
がんは、今や日本人の2人に1人はかかるといわれる病気ですから、がんになったら・・・、という心配は、最もだと思います。
ただ、近年がんの治療法は多様化してきています。
従来のように「入院して手術する」のではなく「通院しながら治療する」といったケースも増えてきていますから、がん保険に入っているから治療費については安心!と思っても、入院していない、手術をしていないということでがん保険からの給付を受けられないこともあります。
ですから、がん保険選びについては、どんな時に、どんな給付を受けられるのかをしっかりと把握しておく必要があります。どんながんになるのか、どんな治療をするのかは実際がんにならなければ、わかりません。
そこで、どんな場合でも給付を受けられるがん保険を選びたいものです。 

 

がん保険選びのポイント

では、どんながん保険を選んだらいいのか、ポイントは4つです。 
 

(1) 診断給付金は、給付されるか。また、再発した場合でも診断給付金は給付されるか。
(2) 上皮内がんについて、保障されるか。
(3) 通院治療にも対応しているか。
(4) いつまで保障が続くのか。

がん保険といっても、月々支払う保険料は変わらなくても、保障内容は各商品さまざまです。
上記のポイントをもとに、納得できるがん保険を選びましょう。
また、既にがん保険に加入している方、あなたのがん保険、変化するがんの治療方法の変化にしっかり対応していますか。今一度チェックしてみましょう。
 

(1)診断給付金は、給付されるか。
がん保険選びで最も重要なのが、この「がん診断給付金」です。
なぜなら、がんと診断された際に受取れる「がん診断給付金」は、実際がんに罹った際の治療方法にかかわらず、受け取ることができるからです。
ただし、一部には、入院を伴わないと「がん診断給付金」が受け取れない商品もありますから確認が必要です。
また、再発のケースも考えると「がん診断給付金」が複数回受け取れる商品もありますから、治療費用の負担を考えると、そうした商品を選ぶのが賢明といえます。

(2)上皮内がんについて、保障されるか
上皮内がんとは、上皮にできるがんで、がん細胞が基底膜を越えて浸透していないため、切除手術を行えば浸潤・転移の可能性のないがんのことです。
そのため、以前はこの上皮内がんについては、給付の対象とならない商品もありましたが、最近ではこの上皮内がんも給付の対象となる商品がほとんどとなりました。
短期間の治療ですむこの上皮内がんについては、通常のがんと給付内容が異なる場合もありますから、ご自身のがん保険についてきちんと確認しておく必要があります。
もちろん上皮内がんも含めた保障があるのは安心ですが、上皮内がんになって給付金を受け取れたものの、その後高額な治療費のかかるがんになったときに「がん診断給付金」が受け取れないということのないようにしなければいけません。
その場合に備え、「がん診断給付金」が複数回受け取れる商品、がんと上皮内がんでそれぞれ「診断給付金」が受け取れるタイプの商品を選ぶ必要があります。

(3)通院治療にも対応しているか。
がんの主な治療法として、手術・放射線・抗がん剤治療といったものがありますが、近年は医療の進歩により場合によっては、放射線治療や抗がん剤治療などは、入院を伴わず、通院だけで治療することも増えてきているようです。
ということは、がん保険に加入しているにもかかわらず、入院・手術を伴わない治療のため保障されない(給付が受けられない)ということにもなりかねません。
そこで、医療の進歩に合わせたがん保険の見直し、検討が重要です。

(4)いつまで保障が続くのか。
がん保険には、一生涯保障が続く「終身タイプ」と一定期間保障を確保する「定期タイプ」(期間終了後、自動で契約を更新することも可能)の2つのタイプがあります。
一般的に、がんを患う人は、高齢になるほど増え、また治療も長期化しますから、一生涯保障が続く「終身タイプ」を基本プランとしてお勧めします。
仮に定期タイプで加入した場合、加入時は月々の保険料は安く抑えることができるものの、更新時に月々支払う保険料が高額となります。
少しでも早く、終身タイプのがん保険に加入するというのが、トータルでの支払う保険料を安くすることができる、将来の安心を確保する秘訣です。

 

では、どんながん保険がいいの?と思われた皆様へ

ひとえにがん保険といっても、違いがよくわからないってご意見を多くいただきます。
でも、ちゃんと理解して加入しないと、後々、いざという時に明暗が・・・。
少なくとも、医療保険同様にがん保険の保障内容も皆同じではないですから、当サイトをご覧になっていただいた皆さまには、じっくり調べて、選んで納得のいくがん保険を選んでいただきたいと思います。
当サイトでは複数の保険会社の複数の商品を取り扱っている保険の相談窓口をご紹介しておりますので、お近くの相談窓口で一度じっくりとご相談されてみてはいかがでしょうか。皆さまの納得のいく、満足のいく医療保険・がん保険選びをお手伝いさせていただきます。
まずはご気軽にご相談ください。 

執筆:榎田 光浩  (ファインドイット株式会社ゼネラルマネージャー/ファイナンシャルプランナー)

生命保険会社数社にて、営業・企画・マーケティングの各部門を経験し、2011年2月より現職。
現在は保険代理店の運営及びコンサルタントとして企業向けセミナー、FPとして個人向けセミナーの講師を多く務める。

 

PAGETOP